教育体制・福利厚生 / 企業情報

ホーム > 企業情報 > 教育体制・福利厚生

教育体制

アウンズ・ヤナギハラでは社員一人ひとりが自らのキャリアプランを描き、その目標に向かって着実にステップアップしていけるようなキャリアパスを用意しています。本人のやる気次第で、部門長や幹部へのステップアップも可能になります。

図:キャリアパス

福利厚生

社員旅行

年に1回、社員旅行を開催しています。社員からアンケートを取り、行きたいところへレッツゴー♪普段接点の少ない支店や業種の違うスタッフも、旅行を通じて心通いあえる仲間へと一層の親睦が深まっています。また、創業から記念の節目には、海外旅行を始め北海道や沖縄、大阪、東京など旅行先も広がり、スタッフも好きな観光地を選んで参加します。

1960年の創業から、次の大きな節目は2020年。どんな社員旅行が企画されるのか、今から楽しみにしているスタッフはいっぱいです。他にも、貸切りバスで出かける全社員参加のバーベキュー大会も社内行事の楽しみなイベントのひとつです。

写真:社員旅行での食事風景

社内行事(お客様行事)

社員が鬼に扮したり、サンタさんになったり、わが社にはお客様と楽しむイベントが盛り沢山!
2月「我が家に鬼がやってくる」は、鬼のパンツをはき、プレゼント片手に「悪い子はいないかぁ〜?」と子どもたちのお宅を訪問。
3〜4月の新学期には「入園・入学のお祝い」にスタッフが訪問。
9月には米寿・喜寿・白寿の皆様へ「敬老の日のお祝い」の贈り物。
12月はスタッフ皆がサンタさんに扮して「クリスマスイベント」を盛大に開催。

他、9つの支店では毎月のように小さな支店イベントを開催しています。また、「東日本大震災」や「平成28年熊本地震」など、震災時には浜松の企業や地域の皆様の協力を得て、スタッフ一丸となってイベントを開催。微力ながら浜松より被災地への復興を支援させていただいております。

写真:イベント風景

委員会

当社では、会社の方針や事業を具現化していく中で、現場のスタッフを始め、本社スタッフも加わって委員会活動を行っています。 現在は「新聞」「森永」「業務改善」「5S活動」「イベント」があり、会社をより良い方向に進めるため、全社員のベクトルを合わせる場と捉えています。常に新しいことに挑戦し続けるために、現場の声を集め、あらゆる角度から問題点や課題を見つけ出し「PDCAを回していこう!」というのがわが社のやり方なのです。

自ら考え、意見を出し合って、工夫を重ねて…。新規事業の成功の秘訣は、委員会活動の成果だと確信しています。

写真:委員会風景

情報メモ

当社で最も力を入れている活動が「情報メモ活動」です。
スタッフはお客様とどんな会話をしているのだろうか。支店での様子はどんなだろうか。地域では何が起きているのだろうか。事業部が分かれ、支店も離れている中で、「情報の共有」こそが会社力を上げるもの。他にも、業務上での問題点や課題、提案も提出され、社員からの「生きた声」と捉え、社全体としてもできるだけ早い対応を施すよう努めています。また、仲間を褒め、自分自身の頑張ったこともメモにします。

毎年2,000枚以上提出される1枚1枚には社長のコメントが添えられ、スタッフはメモに添えられるコメントにも楽しみややりがいを感じています。素敵な行いや考え方は「情報メモ賞」として毎月表彰。また年間表彰も行われます。ほんの小さな行いも、全社員が真似ていくことで地域の皆様に喜んでいただけるスタッフへ成長。情報メモを通じて、ホスピタリティ力溢れるスタッフへの育成に力を入れているのです。

ページの先頭へ